ライスフォースの成分を公式サイトよりわかりやすく解説!

ライスフォースの成分って何?大丈夫?

ご覧いただきありがとうございます。

 

このページではライスフォースの成分について
「公式ページよりもわかりやすく!詳しく!」
解説していきます。

 

化粧品は直接お肌につけるもので、
場合によっては長期間にわたって使っていくものなので、

 

  • どんな成分が入ってるの?
  • どんな効果があるの?
  • 入ってる成分は安全なの?

 

というところは気になるところ!

 

ただ、良くも悪くも公式サイトは
情報が絞られたシンプルな作りになっていて、

 

『カタカナが並んで説明がむずかしい…』
『期待できる効果がイマイチわからない…』
『安全なのかどうかわからない』

 

という疑問が浮かんでも解決されにくい作りとなっています。

 

 

何を隠そう私自身が正直、
公式ページだけを見てもよくわからなかったのです(汗)

 

そこまで美容に関する知識があったわけでもないので、
一から全部調べる必要がありました。

 

その結果、初めていろいろなことがわかってきて、
たくさん勉強になったし、
サイトを見ただけではわからないことも
たくさんわかるようになったので、

 

「どうせならこれ、
他の人にもわかるようにまとめよう!」

 

と思ったのがきっかけでこのページに
まとめました。

 

 

このページをざっとでも見ていただいた後なら、
公式ページの内容もバッチリわかるようになります!

 

 

 

ライスフォースの成分の中でも中心成分は?

 

ライスフォースにはいろいろな成分が含まれていますが、
いきなり細かく全部見ていくと疲れちゃうこともあると思うので、
1番中心となっている成分をまず見ていきましょう!

 

 

ライスフォースの中心となっている成分は

 

「ライスパワーエキス」

 

です。

 

 

 

ライスパワーエキスとは?

 

ライスパワーエキスとは、文字通り「お米」由来の成分です。

 

昔から肌にいいと言われて来たお米のエキスを抽出し、
そのエキスに麹菌や酵母や乳酸菌を加えて90日間じっくり
時間をかけて発酵、熟成させたものがライスパワーエキスです。

 

化学物質を含まず、100%お米からできた成分なので、
成分として非常に安心できる成分
です。

 

 

これは公式ページにも記載がありますが、
実は昔から肌にいいと言われてきたのが「お米」なんですね。

 

昔の人を思い浮かべたときに、なんだかみんなすごく
お肌が綺麗なイメージがありませんか?

 

今でも日本人の主食としてお米は重宝されていますが、
今ではパンやパスタなどの「お米以外」の食べ物も
非常に増えましたよね。

 

 

実際、ご飯を外で食べるとしても、

 

「和食にする?」「パスタにする?」「ピザにする?」

 

というように圧倒的に豊かな選択肢があって、
その中から1つを選びますよね。

 

そんな風に様々な料理を自由に選んで食べれる時代になって、
昔に比べるとずっとお米を食べる量や頻度が減っています。

 

逆に言うと、昔は本当によくお米を食べたと思うんですね。

 

今ほど化粧品なども充実していなかった時代に、
なぜかみんなお肌が綺麗だったのは実はこういうところに
大きな要因があるのかもしれない、ということなんですね。

 

 

ライスパワーNo.11エキス

 

「肌の水分保持能を改善する」と認められた成分。
角質層のすみずみまでじっくり浸透することで、
しっかりとうるおいを逃さない肌に生まれ変わり、
みずみずしさの溢れた肌になる効果

 

ライスパワーNo.23エキス

 

さまざまなダメージから肌を守る肌の力を高める
効果
を持つのがライスパワーNo.23エキス。
うるおいを補うだけでは美しい肌にしたり、
美しい肌としてキープすることがむずかしい。

 

うるおいをもたらし、かつ肌の水分保持能を
改善することで、うるおった肌を実現できる
ライスパワーNo.11エキスと合わせることで、
その肌をダメージから守って美しい状態で
キープできるようにしてくれる
のが
ライスパワーNo.23エキス。

 

 

ライスパワーエキスがもたらしてくれる効果

 

ライスパワーNo.11エキス

 

→肌にうるおいを与えながら、
肌の水分保持能を改善

 

うるおいをずっとキープできる肌を作る

 

ライスパワーNo.23エキス

 

→さまざまなダメージから
肌を守る力をUPさせてくれる

 

→肌を守る力がアップすることで、
ライスパワーNo.11エキスによって
みずみずしく潤った肌をしっかり
美しくキープ
できるようになる

 

 

ライスパワーNo.11エキス&ライスパワーNo.23エキス

 

「うるおい溢れる肌」「エイジングケア」「しわやたるみの防止」
などの効果が期待できる

 

ライスフォースのその他成分を徹底解説!〜役割と効果まとめ〜

エタノール 化粧水を長持ちさせる効果、抗菌作用がある。また、毛穴を引き締める効果もあり。
BG 保湿剤、抗菌剤として使用される成分の一種。安全性の高い保湿成分。
DPG 多くの化粧品も使われている成分で、潤いを保ち、みずみずしい肌を作る効果。
濃グリセリン 非常に効果な高濃度のグリセリン。安全性が高い保湿成分で保湿効果をもたらす。
グリチルリチン酸2K 漢方や甘味料として醤油や味噌にも使われる甘草から抽出した天然由来の成分。抗炎症効果、抗アレルギー効果、解毒効果がある。
DL-PCA・Na液 角層の中に含まれている天然保湿因子の1つ。高い保湿効果があり、肌にうるおいをもたらす。
大豆リゾリン脂質液 肌内部の細胞まで浸透し、細胞膜に取り込まれるように入ることで、保湿効果を高める成分。
ヒアルロン酸Na-2 保湿成分の代表格。ヒアルロン酸1gで6リットルの水を保持できる。高い保湿効果と安定性を持つ安全性の高い成分。
植物性スクワラン オリーブオイル、とうもろこしオイル、大豆油、紅花オイルなどから抽出できる植物由来の成分。敏感肌用の化粧品にも使われ、高い潤滑性と高い保湿力を持つ人に優しい安全性の高い成分。スクワランの酸素を体内に運ぶ働きによって、新陳代謝の活性化、肌のターンオーバの促進が得られ、美肌効果があり。
天然ビタミンE 合成ビタミン、天然型ビタミン、天然ビタミンと3つある中で最も効果の高い天然ビタミンE。別名「若返りビタミン」。肌の老化、しみやしわの原因となる活性酸素を除去する働きがある。血行促進効果もあり、皮膚の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進。抗酸化作用もあり、肌を外敵から守るバリア機能を正常にする効果もあり。結果的に美肌効果、美白効果が期待できる。
PEG(120) 低刺激で保湿効果のある増粘成分。化粧品などによく使われ、安全性の高い成分。
POE・POPデシルテトラデシルエーテル 油成分と水とを分離しないように混ぜる乳化剤。多くの化粧品に使われ、安全性が高い。
POE(25)POP(30) 主に洗顔料として使用され、高くコンタクトレンズの洗浄液にも使われるほど安全性が高い成分。
カミツレ油-2 植物から取れる天然の油成分。傷の治癒などの効果があり、スキンケアに効果がある。植物性で安全性も高い。
粘度調整剤 粘度性を高め、肌につけたときに肌内部の確執の水分量を高める効果がある。乳幼児向けの製品や敏感肌向けの製品にも多く使われる安全性の高い成分。
pH調整剤 人間の肌のph(酸度)と合わせるための成分。化粧品が酸性に寄りすぎないようにし、弱酸性で調整し、敏感肌にも優しいものにする効果。化粧品の成分の分離を防ぐ効果もあり。また、肌の古い角質や角栓の除去など肌のターンオーバーの正常化も助ける効果がある。
メチルパラベン 肌への刺激が最も少なく、安全性と配合性の高い抗菌作用を持つ成分。BGと合わせることで安全で高い抗菌作用を発揮。これまで長きにわたって使われてきた歴史のある成分。